野草酵素を取り入れよう|サプリで補うことができる

婦人

女性ホルモンの減少

下を向く女性

更年期は、約45歳から55歳の閉経する年齢の女性のことを指します。更年期にさまざまな不快な症状がでることがあります。これを更年期障害といいます。更年期障害には、さまざまな症状があり、個人差が大きいのです。その中でも多い症状は、イライラしやすくなる、怒りっぽくなる、悲しくなるなどの心の症状、顔が火照る、大量の汗をかく、動悸、息切れなどの体の症状です。これらの症状が酷く、続く場合には早めに婦人科などに行きましょう。また最近では、男性の更年期障害もあるといわれています。男性の場合は、男性更年期専門外来に行きましょう。インターネットなどで調べると、お近くの病院が見つかるかと思います。また、若い女性でも更年期障害になる場合があるのです。

更年期障害が比較的軽い場合や予防をしたいという方には、サプリメントがおすすめです。サプリメントなら、忙しくても手軽に摂取することができますし、調理の必要もありません。更年期の方におすすめのサプリメントは、大豆イソフラボン、プラセンタエキス、ローヤルゼリー、高麗人参などです。大豆イソフラボンやローヤルゼリーは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれると考えられているのです。ですから女性ホルモンが減少している方が摂ることで、症状の改善が期待できるといえます。プラセンタは胎盤エキスです。顔の火照りなどに効果があるといわれています。これらのサプリメントを継続することで、症状が改善したという方も多いのです。